婚約指輪の相場ってどれくらい?気になるそのお値段

給料の3か月分と言われていた時代もありました

かつて、婚約指輪は給料の3か月分が目安と言われていた時代がありました。単純に計算して50万円以上の値段になります。一流企業などに勤務しているエリートなどは100万円の婚約指輪を贈ることも珍しくありませんでした。しかし、かつてと今は状況がかなり違っています。そもそも、毎月のきちんと給料が安定しなくて結婚したくてもできないという人も現実にいる時代です。ですから、今は、婚約指輪の相場は男性の懐に無理のない程度の金額というのが正解だと思われます。無理して、借金までして婚約指輪を買うと結婚生活を借金を背負ったままスタートしなければならなくなり、お金の問題は何かとけんかの原因になりやすいものです。女性も値段ではなくて婚約指輪に愛が精一杯詰まっている物と思いましょう。

どんな婚約指輪でも世界に一つしかない大切なものです

若い頃は、誰でもお金はないものです。正社員で働くのが当たり前だった時代のかつてと違って、今はどんなことで職を失う危機が訪れるかわかりません。それならば、より現実的なことを考えて、婚約指輪にお金をかけるよりも結婚生活にお金をかけた方が良いと考えても不思議ではありません。ただ、女性ならば婚約指輪には憧れはあるはずですから、そんなに高い指輪でなくても良いので、婚約の印としてプレゼントして欲しいと思うはずです。10万円でも20万円でも身の丈にあったものであるならば構わないと考えます。そして、それが二人の愛の永遠の誓いの指輪になるのですから、やはり大切な物です。予算もはっきり女性に告げて女性が好む婚約指輪を選んでもらう方が良いです。

満足度が高い結婚指輪を選びたいならば、慎重に見比べることが大事です。プラチナやゴールドなど、各素材の特徴を把握して比較しましょう。